>

その火加減フライパンを痛めてるかもしれません

この記事をシェアする

アルミフライパンは強火にかけない

アルミフライパンの耐熱強度をご存知でしょうか。
260度を超えるとテフロン加工が損傷してしまい劣化を早めてしまいます。
温度が高すぎてイメージしにくいかもしれません。
フライパンを火にかけたままにすると、空焚きの状態の場合1分もしないうちに300度を超えてしまいます。
強火で調理してしまえば食材を乗せていても簡単に260度を超えた温度になってしまうのです。
基本的に調理に適した温度というのは160〜180度と言われています。
強火で調理する必要のある料理というのは実はあまりないのです。
また野菜炒めのように素早く高温で炒めて水分の流出を防ぎたい料理もあるでしょう。
そういう料理でも一度に炒める量を減らせば中火で十分美味しく作ることができます。
熱に強い鉄製であれば話は別ですが、テフロン加工のフライパンの耐久火力は中火までと思っておきましょう。

料理ができたらすぐ皿に移す

毎日調理をする必要がないように作り置きをすることがあると思います。
食中毒の危険性が低い冬場、作ってそのままフライパンに放置していませんか。
確かにすぐに温められて便利なのですがフライパンの寿命を縮めています。
テフロン加工のフライパンにはコーティングされている面にごく小さな穴が開いているのです。
料理を放置し続けると穴からアルミとコーティングの間に余計なものが入り込みコーティングが剥がれる原因になります。
鉄であっても水気のある状態で放置してしまうとすぐ錆びてしまいます。
「料理をしたらすぐにお皿に移す」これは鉄則です。
また前述の通りフライパンで無理に分量の多い料理を作ると美味しく作れません。
フライパンには大きさに応じたキャパシティがあります。
手間ではありますがフライパンを使った料理は一度で食べきる量だけ作ってすぐ食べるようにするのがいいでしょう。


トップへもどる