>

フライパンにも材質色々!それぞれの特性を知ろう!

この記事をシェアする

鉄製フライパンを購入したら

鉄製フライパンは購入した際の一手間が大切です。
この一手間が鉄製を避ける要因にもなっているのですが、それほど難しいことはありません。
購入したらまず中性洗剤とスポンジで洗います。
その後中火で空焼きしてください。
フライパンの真ん中から紺色、そして薄い青色に変色していきます。
全体が変色するようにフライパンを動かしながら加熱してください。
全体が変色したら常温で冷まします。
冷めたらまた中性洗剤とスポンジで洗ってください。
洗ったら水気を拭き取って内側にサラダ油を塗りましょう。
キッチンペーパーなどを使って広げてもいいです。
油を塗ったフライパンを弱火と中火の間くらいで煙が出てくるくらいまで加熱してください。
油が全体に行き渡るように動かしながら加熱します。
これでフライパンに油の層ができて焦げ付きにくくなります。

なぜ加工が必要?

そもそも鉄製フライパンは購入時になぜこのような処理をする必要があるのでしょうか。
アルミ製と違って焦げ付き防止加工が施されていない鉄製のフライパンには油で焦げ付き防止の加工をする必要があるのです。
しかしわざわざ加工のためだけにフライパンを焼く必要はありません。
最初の空焼きまでの工程は必要なものの、そのまま揚げ物や揚げ焼き料理に使ってしまえばそれでもコーティングが可能です。
アルミフライパンが劣化していくのに対し、鉄製フライパンは使えば使うほど焦げ付きに強くなるという側面もあります。
料理の際にフライパンに流れ出る油分は鉄製フライパンのコーティングを厚くしていくのです。。
またアルミよりも高い温度にも耐えられるという特性もあり、料理が美味しくなります。
鉄製フライパンを選ぶことにはたくさんのメリットがあるのです。
是非ご検討ください。


トップへもどる