これぞ一生もの!鉄製フライパンの勧め

料理には欠かせないフライパン。
炒め物に使うことが多いですが、実は煮るのも茹でるのもできる万能選手です。
一人暮らしであればフライパンのみで自炊生活をしている方もいるかもしれません。
使う頻度の多いフライパンですから消耗するのも早いですね。
テフロン加工のフライパンだと早くて1年、長くても3年で買い換えるという方が多いようです。
しかし一方鉄製のフライパンを20年使っているという声もあります。
そう、うまく使えばフライパンは消耗品にはならないのです。
ここでアルミ製、鉄製それぞれの特徴をご紹介します。

まず多くの人が使っているアルミニウムフライパン。
テフロン加工のフライパンというと大体がアルミ製です。
テフロン加工が剥がれていない限り焦げ付きも少なく、熱伝導も早いので大変使いやすいフライパンです。
しかし高温調理に使うと加工がダメになりやすい点、加工が剥がれてしまうと使い物にならなくなるという点があります。
寿命がありますので大事に使っても3年くらいしか持ちません。

一方長持ちと定評のある鉄製フライパン
熱伝導はアルミ製同様高い上に高温調理にも耐えられる耐久力を持っています。
チャーハンやステーキといったフライパンを焼いておくことが求められる調理には欠かせない存在なんです。
重い、錆びるというイメージからプロ専用のフライパンに思われがち。
しかし実は鉄製フライパンのお手入れは思ったより難しくないんです。
また厚みの薄いフライパンを買えば重量も抑えることができるので手も疲れません。
何より長持ちで何十年も使い続けられるという強みを持っています。

以上のことから長く一つのフライパンを使いたいなら鉄製を選ぶことがオススメ。
一方アルミ製のフライパンでも大切に使えば3年は使い続けることができます。
フライパンを長く使うための方法をご紹介します。

フライパンにも材質色々!それぞれの特性を知ろう!

鉄製フライパンが一番長持ちするということをご存知でしょうか。 温度が上がりやすい上、熱にも強いからガス代節約にもつながるかも。 ただ長持ちさせるには購入時の加工が重要。 一生もののフライパンにするためのお手入れを紹介します。 こまめにお手入れして愛着ある道具にしましょう。

フライパンの命運は洗い方にかかっている!

誤った洗い方をしてフライパンをダメにしてしまうことはとても多いです。 料理をするたびに少しずつフライパンをダメにしてしまい、結果フライパンが短命になってしまうんですね。 鉄製のフライパンであればある程度リカバリーできますが、アルミ製はテフロン加工が剥がれてしまった時点で寿命になります。

その火加減フライパンを痛めてるかもしれません

料理覚えたての方がやりがちなのが強火で一気に調理してしまうこと。 早く出来上がる気はしますが、実はそんなに強い火が必要な料理は少ないんです。 適切な火加減で調理することはフライパンの寿命を伸ばすことにもなります。 フライパンに優しい調理技術を身につけましょう。

おすすめリンク

周波数の違いによる超音波洗浄機の選び方

超音波洗浄機を購入する前にチェックしておくべきこととは。周波数の違いによる効果と選び方まとめ。

コーヒーマシンのメンテナンス頻度

毎日使っているコーヒーマシンは、どのくらいの頻度でメンテナンスすればいいのでしょうか?

女性スタッフに来てもらえる仙台のエアコンクリーニング業者

女性スタッフが来てくれる仙台のエアコンクリーニング業者を紹介。一人暮らし女性や高齢の方におすすめ!

トップへもどる